JR東海 東海道線 富士川(ふじかわ)駅

ホームの富士側で駅名標を入れて写しています。電車は駅に停めてあったものです。

51031010_6

跨線橋から見える富士山です。富士山を隠しているのは駅の東西を結ぶ跨線橋です。

51031010_7

冨士・沼津方面ホームの中ほどから見える富士山です。

51031010_8

冨士・沼津方面ホームの冨士側から見える富士山です。

51031010_9

冨士・沼津方面ホームの静岡側から見える富士山です。

51031010_10

下り(静岡方面)ホームからの富士山です。山頂部に雲がかかっているのが残念ですが、富士方面を向いて右側に見えます。静岡方面へ向かう下り電車だとほとんど右側に富士山が見えるのですが、ここでは左の後ろに見えます。これを“左富士”というのですが、富士川駅はその“左富士”区間にあるのです。

51031010_1

下りホームから出口へつながる跨線橋からの見え方です。向こうの駅の東西をつなぐ跨線橋が富士山の裾を隠して、山頂部だけが見えています。

51031010_2

上り(富士・沼津方面)ホームからの富士山です。裾野まで広く見える駅はそんなに無いのです。

51031010_3

アップにしてみました。

51031010_4

富士川駅から新蒲原へ向けて発車してしばらく“左富士”が続きます。その最後のあたりで写したもので、左側の黒い部分は電車の戸袋部分です。

左富士とは東京から京都へ向かう東海道で進行方向の左側に富士山が見えることをいいます。ただし、富士山より西では左後ろに富士山が見えることになります。

51031010_5
タイトルとURLをコピーしました