勝沼ぶどう郷駅(かつぬまぶどうきょうえき)

中央線の中でも雄大な眺めを誇る勝沼駅周辺は桃畑やぶどう畑の多いところとしても知られています。春には残雪の南アルプスを背景にしてピンクの桃畑が広がり、秋にはぶどう畑の向こうに白い山並みが見えます。
北緯 35度40分22.58秒  東経 138度44分35.72秒  標高 495.0m

[1] ホームから見える南アルプス北部の山並みです。右側手前の建物はぶどうの丘、左の手前には桜の木があり、この桜は4月はじめ頃に見ごろになります。ぶどうの丘の後ろは甲府盆地の北側に連なる山で、一番左のピークが大蔵経寺山です。

katsunuma_1.jpg
タイトルとURLをコピーしました