パノラマコース(ぱのらまこーす)

徳沢と横尾の間の新村橋から奥又白谷出合を経て屏風ノ頭の南側を越えて涸沢に至る道筋をパノラマコースといいます。とくに奥又白谷出合から涸沢の間での展望は素晴らしいものです。横尾から本谷を登ってゆくコースと組み合わせて楽しむといいでしょう。2004年の秋にこの展望を求めて訪れました。
北緯 36度17分44.50秒  東経 137度40分36.10秒  標高 2425.0m

[1] 涸沢からパノラマコースを歩いていくと、それまで隠れていた槍ヶ岳が見えてきます。

panolama_1.jpg

[2] 屏風ノコルまでは全体的に登り、切れ落ちた崖などもあるので慎重に歩きますが、こんな眺めが待っているのです。コルの手前から前穂高岳と奥穂高岳です。

panolama_2.jpg

[3] コルの手前から涸沢を囲むように屹立している三つの峰です。

panolama_3.jpg

[4] 上の写真の右側には槍ヶ岳までの稜線が連なります。

panolama_4.jpg

[5] コルから屏風ノ頭へ少し登ったところからは東側の山並みが見えます。中天井岳から常念岳に掛けての眺めです。

panolama_5.jpg

[6] 常念岳を中心にした眺めです。中山は横尾から槍ヶ岳へ向かうときに通る二俣の北側に迫る山です。

panolama_6.jpg

[7] 常念岳から蝶ヶ岳への稜線ですが、蝶ヶ岳の山頂はこの写真よりも右側にあります。

panolama_7.jpg

[8] コルから少し登ったところで涸沢を見るとテント場とヒュッテが小さく見え、その上に扇のように峰々が連なっていました。

panolama_8.jpg

[9] コルから少し登ったところで槍ヶ岳方面です。

panolama_9.jpg
タイトルとURLをコピーしました